Motoakimのメモ

北海道の田舎を出て、プログラミングを始めた一大学生のメモ。

インストゥルメンタル

ライブに行ってきた。NHKホールや武道館のような大きな会場のライブではなくて、下北沢の小さなお店で、30人も入れば満席になるようなお店で。

タブラ奏者のきゅうりさんから、Facebookで招待を送って頂いたので、遊びに行くつもりでいた。

きゅうりさんとは、僕の大好きなハラタアツシさんとコラボした時のイベントで初めてお会いして、また聴きに伺いたいと思っていたところだった。

今年はまた、小さな会場のライブにも行くことがちょっと増えた。お店に向かう時のなんともいえない期待や、お店に着いたときの高揚感が好きだ。


今日のライブは本当に最高だった。きゅうりさん(タブラ)、岡部洋一さん(パーカッション)、ヨシダダイキチさん(シタール)の3人による、アドリブのライブ。

何もかもが最高だった。あの1時間半は、僕にとって全てが完璧に噛み合っていた。

お店に入ったときに、前のライブでたまたま知り合った男性と声を交わし、きゅうりさんと少し話し、梅酒ビールを飲んで演奏開始を待った。夕飯をとっていなかったので、早めの酔いが気持ちよかった。

演奏が始まった。何もかもが素晴らしかった。

3人の独立したリズムがお互いに意識しあって、時に重なり合って、時に1人が主役になって、渾然一体となる様。

そんな演奏を意にも介さず回り続けるミラーボールと、演奏に合わせてグルーブする観客。

二杯目で頼んだコロナビールと、開始1時間でやっと来たチーズ&サラミ。そこに一緒についてきたいちじく。

煙草の匂いと、観客のちょっとした会話。

そこには、僕が感じたいと思っていたものよりはるかに刺激的なもので満ちていた。


ノンストップの1時間半の演奏があっという間に過ぎた。インストゥルメンタルの音楽はなぜあんなにも印象的なのだろうか。僕はふとした時に、例えば素晴らしいライブを体感した夜に、こんなブログを書きたい気持ちになる。

そんな夜は、目に入る全てものもが美しく感じるようになる。今夜は、下北沢の街の風景が、やけに価値のあるものであるかのように感じた。

久しぶりに、家のワイングラスでワインを飲んだ。久しぶりに、今日はよく眠れそうな気がする。

理想と現実

あの人ってこういうところあるよね、とか他人を評価することは案外簡単で、その評価自体は間違っていない、ということは多い。

肯定的な評価もあれば、否定的な評価になることも少なくない。

人は、肯定的な評価よりも否定的な評価に着目しやすい。実際、否定的な評価(その人間の苦手なところと言い換えてもいい)を認識しているにもかかわらず、そこを徹底的に否定するケースをよく目にする。

脳死で他人の否定的評価を笑うのは簡単だけど、それを続けていてもなんの生産性も益もないことに気づいた方がいいし、であればその人間から盗めるものを盗んでさっさとトンズラした方がいい。

その否定的評価点を肯定的評価点が上回ったならそれでいいし、否定的評価を打ち消せる可能性があるならそれを試してみるべき。

否定的評価が何者にも勝るケースは稀だと思うけれど、その時は珍しい体験をした、と思って前に進もう。

そして、否定的評価を下すのであればまずその矛先を一度自分にも向けよう。

完璧に近い人間はいるかもしれない。けれど、その人はゴミや人が散乱している不完全な東京や、それに隣接するだけの不完全な関東圏や、クッソ田舎の過疎化が進む北海道にはきっと住んでいない。

完璧な人は、きっと住んでいる場所も完璧だと思うから。

東京は好きです。面白い人がたくさんいるから。

北海道も好きです。食べ物は美味しいし、星がたくさん見えるから。

人も場所も、不完全でもすばらしいものはたくさんある。

世界は今日も醜く、美しい。

そんな酩酊する夜。

インプットとアウトプット:後編

小休止おわり

前編では、僕が考えるインプットとアウトプットの種類と性質について考えてみましたが、本題はここからです。唐突な敬体に戸惑いを隠せない皆様こんにちは。適当な感じでやって参ります。

最近外向けのアウトプットをする機会が増えてきたので、インプットとアウトプットのバランスについて考えることにした。 外向けのアウトプットが増えてきたと言ってもあくまでそれは相対的なもので、有効アウトプットであるかは考慮しない点が今回のポイント。

前編でこう書いた僕でしたが、このテーマを考えているきっかけは、「ブログを書きたい」と思ったところにあります。

ブログは本当にアウトプットなのか

前編でも書いた通り、ブログはひとつのアウトプットの形になり得るものです。内容の是非はあれ、性質としてそこにインプットになり得るものはほとんどありません。(ただし、自分がすでに持っている知識などの整理はここではインプットとは解釈せず、あくまでアウトプットの副産物、またはそれを目的とするのがアウトプットである、と解釈することにします。)

このブログはほとんど僕の自己満足のブログなのでそもそもアウトプットとも言えないような性質のものですが、これとはまた別の場所で書いている記事にもそもそもブログを書いて記事をストックする事に価値を見出しているものなど、アウトプット以外のところに目的をもっているものも少なくありません。

こうした性質を持ったブログを書いていて気がついたのは、行為によってインプット・アウトプットの是非が決まるのではなく、目的が先にあり、それを実現するために手段を選ばなくてはいけないということです。

インプット・アウトプットとしての会話

わかりやすい例は、前編の記事でも例に挙げた「会話」だと思います。 多くの場合、会話ではインプット・アウトプットを強く意識して行いません。結果生まれた会話は毒にも薬にもならない内容で、3日後には忘れてしまう。

しかし、これが例えばカンファレンスに参加し、特定分野のエキスパートと会話する場合になるとどうでしょうか。僕の場合インプットにもアウトプットにも強く残るものが多くありました(もちろんそこで得た知識に完結することなく、その後また別の形でのインプットやアウトプットをすることでより自分の血肉と化します)。

つまり、目的を意識して全てのアクションを過ごし、インプットとアウトプットを目的としたアクションを日常に組み込むことで必然的にバランスは以前より改善されることになります。🎉 そしてそれに磨きをかけることでより効率が上がってイイ感じになる未来が見えますね。

20代理科大休学中、フルタイムエンジニアインターンの場合

僕の場合、日中は仕事があるので8時間、睡眠時間で7〜8時間を必要とします。通退勤に3時間なので、完全に自由な時間は5時間あることになります。 僕はエンジニアなので、幸い仕事中にインプットとアウトプットをする時間を組み込むことはできそう。また、移動時間中にも本を読んだりインプットをする時間はありそうです。(よく聞く話です)

自分で開発したいものがあるので、自由に使える時間をそれに打ち込めば結構なインプットとアウトプットができそう。

それに気づいたところで、自分のインプットとアウトプットの時間と効率を最大化できるようにまたちょっと考えてみようと思います。

前後編のはずが、もうちょっとだけ続くんじゃ。

インプットとアウトプット:前編

はじめに

最近外向けのアウトプットをする機会が増えてきたので、インプットとアウトプットのバランスについて考えることにした。 外向けのアウトプットが増えてきたと言ってもあくまでそれは相対的なもので、有効アウトプットであるかは考慮しない点が今回のポイント。まず、インプットとアウトプットを比較する形で整理していこうと思う。

インプット

  • 本を読む
  • イベントに参加する
  • 学習サイトなどで学習する
  • 会話する

「本を読む」

メリット: 自分がほしい知識について、体系的かつ比較的ピンポイントに求めている情報にアクセスできる点が有益だと思う。著者や内容についてある程度は下調べできるので、コンテンツの質も一定は安心できる。

デメリット: 一冊を読み切るのにとにかく時間がかかる。専門性が高ければ高いほど必要な周辺情報で知らないものが多いことがあり、その際より時間がかかる。 知らない情報が出てきた時に結局はネットに頼ることになったり、一冊の本で完結するとは限らないことがある。

「イベントに参加する」

メリット: 比較的緩い括りのテーマの中で多くの他者から情報を吸収できる点で、新たな視点・価値観を吸収できる点が有益。また、多くの人と関わる場になり得るので、業界の中でネットワークができることもある。

デメリット: コンテンツが基本的には完全にスピーカー依存なので、時には全く期待していた内容を得られないこともある。 時間・場所が完全に固定なので、「好きな時に好きなだけ」というわけにはいかない。

「学習サイトで学習する」

メリット: 体系的でインタラクティブにできる点が好印象。最近ではドットインストールの他にProgateなど選択肢も増えてきてよいと思う。

デメリット: 本と比べて検索性が低い。また、一覧性が低い。

「会話する」

メリット: 「イベントに参加する」に通じるが、会話の流れや内容を一定コントロールできる点で特定の分野の会話にフォーカスできる点が差別点。また、会話の相手を選ぶことで時には圧倒的な専門性の高い情報量を一度に得ることができる。

デメリット: そもそもインプットの機会として捉えながら会話をする場だけではない。体系的な内容のやりとりができるようなケースにおいて、おそらく二人ともその情報について一定精通していなくては厳しい。


アウトプット

  • ブログを書く
  • 実際に開発をする
  • LTとかで登壇する
  • 会話する

「ブログを書く」

メリット: 自分の思考・ノウハウの整理と、他者への主張を一度に行うことができる点が有益。また、時には誤った内容に対して指摘をいただけることも大変ありがたい。

デメリット: それなりに時間がかかる。ここまで書くのにおよそ40分を要した。また、内容をしっかり伝えるためには言葉の選び方などにも気を遣う必要がある。

「実際に開発をする」

メリット: インプットした知識を実際に活用することはまた別の技術で、それが磨かれるのが良い。エンジニアなので「開発」という言葉を選んだが、例えば料理であれば「実際に作ってみる」、小説家なら「短編書いてみる」とか色々あると思う。実際にやってみて予想外の辛さを感じることもある。 必ずしも完成だけに価値があるわけではないが、完成させた時の達成感が快感。実際に使ってもらった時に、体温のあるフィードバックを得ることができる点も有益。

デメリット: 作るものにもよるけど、一人で完成させようとすると膨大な知識量・作業量が必要。(インフラ・フロント・バックエンド・デザインその他諸々) 複数人数でやろうとすると、他人とのコミュニケーションコスト・モチベーションのギャップに阻害されることがある。それに付随して、アウトプットしたかった技術以外の部分でのコストが増えるケースが多そう。

「LTとかで登壇する」

メリット: 話すために自分が持っている情報を整理する必要があるため、知識が体系化される。また、他人からのフィードバックがすぐに得られる。

デメリット: 持っている知識を整理する能力の他に、「伝える技術」が総合的に要求される。話す速度、口調、スライドを用意するならばそのフォント、色合い、強調効果、コンテンツ内容、情報量、ターゲティングなど、全て個人に依存している。これらを訓練する、という意味合いで、それをアウトプットの一部とするならばこれはメリットへと逆転する。

「会話する」

結局、会話は利き手と話し手の入れ替わりが断続的に行われており、インプットをする側とアウトプットをする側が常に切り替わり続けているもの。概ねインプットにおける項目に同じ。


小休止

本当に書きたい内容を書く前に結構な分量になってしまったので一旦区切る。ここまで書くために1h15mかかった。僕は本を読むのもブログを読むのも好きだけれど、本当に作家さん・ライターさん・編集さんってすごいなーと思うし、いつも良質なコンテンツをありがとうございます、という気持ちです。

こうして簡単にリストにしてみたけれど、何をやりたいかによって適切なインプット・アウトプットなどがありそう。こんなのもあるよね、というものがあればぜひ教えてください。

後編に続く......

帰ってきました。

おひさしぶりです。

このブログの前の記事で移転を報告したんですけど、こっちも復活させる事にしました。今後ははてブだけではなく、Mediumやnoteなども併用しつつはてブも使っていこうと思っています。

意図

いくつかありますが、一番大きいところで「いろんなテンションでブログの記事を書きたい!」と思ったことにあります。

いろんなテンションで記事を書きたい

ブログを1シリーズで見たときに、シリーズ内においてはコンテンツのベクトル・及びテンションに一貫性が認められる内容にしておきたい、という気持ちがありました。 その中で、自作していたブログに収まらない程度には色々なテンションの記事を書くなりました。その上で、選択肢の1つとしてはてブに戻ってくる道を選んだということです。

いろんなメディアを試してみたいという興味

これは完全な興味ですが、世の中には多くのブログプラットフォームが溢れているのに、どこからもユニークな魅力を感じている自分がいました。 もともと文章を書くのも読むのも好きだった自分にとって興味を持つ分野として自然でしたし、UI/UX経験の部分で実際に自分で試してみたい気持ちがあった、というのも1つの要因と言えるかと思います。 個人的には、はてブ、Medium、g.o.a.t、noteあたりは既にウォッチしています。アメブロとか、ラインブログもちょっと興味があるのでのぞいてみようと思っています。全てで記事を書くかは不明ですしどこまで追うかもわかりませんが、まぁ気楽にやっていきます。

自分のプロフィールページが欲しくなった

自分はGithub Pagesにブログを自作して掲載していますが、自分自身のプロフィールとなるページを1枚用意したいと思うようになりました。 現状のホームページにも一応存在はしているものの、デザイン・導線含めて刷新したい、という気持ちになった時に、Github Pagesに自分のプロフィールを公開しておきたくなりました。また正直、以前ホームページを作った時よりもプログラミングのスキルは向上し、改めて自作してみたいと思ったこともあります。(フロントはほとんど書いてこなかったけどな) Github Pagesは今後、僕の情報を集約するような静的ページにしていきたいと思っています。

おわりに

長々と書きましたが、結論としては

  • はてブ復活させるよ
  • 他にもいろんなところにいろんなテンションでブログ作るよ
  • About meのページ作るよ

以上3点でございます。 今後は、このはてブはテクニカルな内容というより、ポエミーな内容の個人的解釈を垂れ流すブログポストになると思いますが、比較的制約は緩めに、気楽にやってこうと思っております。ちなみに、テクニカルな内容については現状Mediumに書こうかなーと思っています。どこまでをテクニックと解釈するか含め現状は個人的な感覚ですが、走りながら調整したいと思っております。では、改めてよろしくお願いします。

近況。

多分今年最後の投稿になるかな。

3月末に上京してからここまで、概ねよく頑張ってきた。

たまたま見つけたUnitusに勇気を出して話しかけたのが3月28日。一人で乗り込んだのが4月1日。そこで自分の人生は180°完全に変わった。自分の思っていることを全力でぶつけて受け止めてくれる先輩たちに本当に感動した。

この1年間で多くを学ばせてもらったと思う。だからこそ愛着もあるこの団体には恩を返していきたいと思っているし、そのためにも力をつけていきたい。 現状は、特に年末にかけて本当に迷惑をかけることもあってすごく辛かったけれど、かけた迷惑は成果で返していく。 そのためには自分が力をつけることが何より大切だし、そのためにもっとガツガツ積極的に、いっその事ウザがられるくらいに学んでいく。その結果が、感謝してもしきれない素晴らしい先輩たちや、こんな僕を仲間だと思ってくれるみんな、そしてもうすぐ相見える後輩たちのためにもなると信じている。

僕は大学には、面白そうだと思えるものを見つけようと進学した。それは最低限達成できたと思っているし、ひいては将来的にプログラマになる未来は面白そうだなと今は思っている。 ひとまず、それで僕がこの大学に来た意味は認められたわけだけど、この大学に来た価値を最大化するために本当にできることはなんなのかはもう少し考えてみようと思う。

視野を狭くせず、常に広い視野で考えていたい。

人生クソつまんねぇ、と思っていた時期もあったし、今からでも簡単につまらなくなると思うけど、何なら今でもたまに思うけど、今は充実しているし、これからもっと充実させていけると信じている。

来年がどんな年になるかはわからないけれど、これからも前後裁断で頑張っていくつもり。 2017年はもっと頑張ります。